ImPermanence Production
IMAG1440.jpg

Blog

今、美しきもの

Intersectionality - 交差性

 


 

なぜこの記事を書くに至ったか。- Why am I writing this article.

ここ最近、オーストラリア(メルボルンのアート業界)では名前の下にhe/she/it/theyなどを使った自分の代名詞をカッコ書きで示すということが徐々に主流になりつつある。このトレンドは現在では大きな大学(Melbourne Universityなど)にも広がってきている。

60年代後半から70年代前半にアメリカで興ったFeminism Movementが始まり、その流れの中でキューバ出身アメリカ人アーティストAna Mendietaは当時のFeminism運動は白人女性アーティストのためのもので、有色人種の女性アーティストのものではないと彼女の著書の中で言っている。

先日、Diversity Arts Australiaが企画するFair Play ProjectのReference Groupに参加する。Disability Artセクター、First Nations Art Group(先住民のアイデンティティーを持ったアーティスト)、有色人種アーティストの3つのグループのアートインダストリーにおける認知を高めるための会議である。大きな今後の議題としてあがったのは、

>何を目的としてこのプロジェクトは存在しているのか
>具体的に何を達成しようとしているのか
>卓上の空論で終わらないために(3つのグループに属するアーティストをサポートするために)何をするべきなのか。

このIntersectionalityという概念


「交差性」とは何か。- What is ‘Intersectionality'?

では、具体的にIntersectionality(交差性)とは何なのか。(この日本語訳には強い抵抗があるが)。

Cambridge Dictionary
- the way in which different types of discrimination (= unfair treatment because of a person's sexrace, etc.) are linked to and affect each other: (異なる種類の差別が性別、人種、宗教、教育レベルなどの社会的要因に相互に関係し、また、影響しあっているということ)

- “the interconnected nature of social categorizations such as race, class, and gender as they apply to a given individual or group, regarded as creating overlapping and interdependent systems of discrimination or disadvantage.”

交差性要因
>人種
>性別
>どこに住んでいるか
>宗教
>言語
>能力
>民族性
>年齢
>家族構成
>家系


自分で試してみる -
How we apply to myself?


参考文献・リンク

MoMaLearning - Investigating Identities



キーワード

>交差性


intersectionaliyt.png